アーティスト・イン・ミュージアム 平野真美 Meets 岐阜県立岐阜盲学校

開催趣旨
平成30年度のアーティスト・イン・ミュージアムは、美術館をとびだして県内の様々な場所で開催します。
本年度1回目は、岐阜県立岐阜盲学校を会場に、アーティストの平野真美さんが作品を制作します。
平野さんは、今回のアーティスト・イン・ミュージアムへ向けて、2018年1月から定期的に岐阜盲学校を訪問し、授業や学校生活の中で生徒たちと関わってきました。そこで生まれたアイデアをもとにして、岐阜盲学校の図工室で作品をつくります。授業の中で生徒たちにも制作に加わってもらうこともあります。
また、岐阜盲学校のオープンキャンパスでのワークショップや、文化祭での作品展示など、岐阜盲学校の行事にも加わりながら活動を行います。

アーティストが何を考え、どのように作品を作り出しているのか、間近に見て感じていただける機会です。平野真美さんと岐阜盲学校が出会うことで生まれる作品や活動をお楽しみください。

開催概要
公開制作では、平野真美が作品を制作する様子を一般公開します。
作品展示では、岐阜盲学校で制作した作品を様々な会場で展示します。
※会場が岐阜盲学校の場合は、正面玄関の学校窓口にて受付(芳名録記帳)をお願いいたします。
公開制作
※終了しました
開催日:平成30年8月20日(月曜)から8月24日(金曜)
時間:午前10時から午後5時まで
会場:岐阜県立岐阜盲学校 図工室
作品展示①
(岐阜盲学校)
開催日:平成30年9月26日(水曜)から9月28日(金曜)
時間:午前10時から午後5時
会場:岐阜県立岐阜盲学校 ふれあいホール
作品展示②
(岐阜盲学校 文化祭)
開催日:平成30年10月27日(土曜)、28日(日曜)
時間:午前9時30分から午後3時
会場:岐阜県立岐阜盲学校
作品展示③
(岐阜県美術館)
開催日:平成30年10月30日(火)から11月3日(土曜・祝日)
時間:午前10時から午後6時
会場:岐阜県美術館
関連イベント
岐阜県美術館と岐阜盲学校を会場に、平野真美による《蘇生するユニコーン》を題材としたワークショップを行います。
①岐阜県美術館
 ナンヤローネワークショップ
※終了しました
開催日:平成30年7月22日(日曜)
時間:午前10時30分から午前12時/午後1時から午後3時
受付:午前10時30分から午前11時30分/午後1時から午後2時30分
会場:岐阜県美術館
②岐阜県立岐阜盲学校
 オープンキャンパス
※終了しました
開催日:平成30年8月4日(土曜)
時間:午前9時30分から午後1時
会場:岐阜県立岐阜盲学校
※来校の際は、学校窓口にて受付をお願いいたします。

アーティストについて

平野真美/HIRANO Mami
闘病する愛犬や、架空の生物であるユニコーンなど、対象とする生物の骨や内臓、筋肉や皮膚など構成するあらゆる要素を忠実に制作することで、実在・非実在生物の生体構築、生命の保存、または蘇生に関する作品制作を行う。

1989年 岐阜県出身
名古屋造形大学 造形学部 造形学科 情報デザインコース卒業
東京藝術大学大学院 美術研究科修士課程 先端藝術表現専攻修了
主な展覧会に、平野真美個展「蘇生するユニコーン」(ギャラリーマルヒ/2018)、清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017(岐阜県美術館/2017)、トーキョーワンダーウォール公募2014 入選作品展(東京都現代美術館/2014)など。
 
平野真美ホームページ(外部リンク)
これまでの作品
《You won’t die in electron》 2012
《保存と再現》 2013
《蘇生するユニコーン》 2014-
《蘇生するユニコーン》細部

岐阜県立岐阜盲学校ついて

明治27年、眼病のために光を失った旧制岐阜中学(現岐阜高校)教員の森巻耳(もり けんじ)先生とイギリス人宣教師のA・F・チャペル氏が、盲人教育のために開設した岐阜聖公会訓盲院が、岐阜盲学校のはじまりです。

■交通案内
JR岐阜駅から、岐阜バス[有料]で鏡島市橋線、加納島線、黒野線、市内ループ線右回り、いずれかの路線バスに乗車、「北税務署前」下車。北へ徒歩約5分。
※自家用車の利用はご遠慮ください。

岐阜県立岐阜盲学校
〒500-8807 岐阜市北野町70-1
TEL.058-262-1255(事務室) FAX.058-262-2854
 
岐阜県立岐阜盲学校 公式ホームページ(外部リンク)
アーティスト・イン・ミュージアムに関するお問い合わせ
岐阜県美術館
〒500‐8368 岐阜市宇佐4‐1‐22
TEL:058-271-1313/FAX:058-271-1315