アーティスト・イン・ミュージアム AiM 2017

アーティスト・イン・ミュージアム AiM 2017 田中彰

本年度2回目のアーティスト・イン・ミュージアム AiM 2017では、アーティスト田中彰さんを招聘し公開制作を行います。
田中さんは、版画技法を軸に新たな表現の可能性を模索しながら制作を行ってきたアーティストです。
これまでにも、ヒマラヤスギの大木を刳りぬいて内側を版木にした「MALTAMIRA~cave of dream~」、海辺の流木に虫眼鏡で太陽光を集めて焼き焦がし紙に摺った「樹木の航海」、木版を摺った茶袋にコーヒー豆をつめた「コーヒーパペット」など、特定の表現にとどまる事なく制作を行ってきました。
今回の公開制作では、当館の庭園で剪定した枝葉を利用し、当館所蔵のオディロン・ルドンや岐阜市の山や川から着想を得た作品を制作する予定です。
会期中はトークイベントやワークショップも行います。
アーティストが何を考え、どのように作品を作り出しているのか、間近に見て感じていただける機会です。
どうぞアーティストの制作現場をご体感ください。

開催概要

 ●公開制作:平成29年10月20日(金曜)から11月12日(日曜)
 ●展示:平成29年11月17日(金曜)から12月10日(日曜)
 ※休館日:10月23日(月曜)、30日(月曜)
      11月6日(月曜)、13日(月曜)、20日(月曜)、27日(月曜)
      12月4日(月曜)
 ※11月14日(火曜)から11月16日(木曜)は会場調整期間につき閉場します。
 ●時間:午前10時から午前12時/午後1時から午後6時
 ●場所:岐阜県美術館 実習棟(南門入って右手の建物)

 ●クロストーク
  【日時】平成29年11月4日(土曜) 午後2時から
  【会場】実習棟
  【事前申込み】不要
  【参加費】無料
  【出演】田中彰(招聘作家)
      澤宏司(数理科学 / Webマガジン『E!』責任編集(eureka-project.jp) / 国際基督教大学高校 / 学習院大学)

 ●ワークショップ
  アーティストとつくる木版画体験 コーヒー豆のお土産つき
  (長良川おんぱく関連企画)
  【日時】平成29年11月5日(日曜) 午前10時から午後4時まで
  【参加費】3,000円
  【事前申込み】必要
※申込定員に達したため、詳細は当館教育普及係(058-271-1313)までお問い合わせください。
《樹の中の風景~中生代白亜紀層から~》
樹について(三菱一号館美術館、歴史資料室、東京)2016

アーティストインミュージアムのためのドローイング(2017)
《木に人を接ぐ》(部分)
木に人を接ぐ(東京オペラシティアートギャラリー、コリドール、東京)2017
撮影:安田暁

木に人を接ぐ(東京オペラシティアートギャラリー、コリドール、東京)展示風景
撮影:船越知弘

《MALTAMIRA 〜cave of dream〜》
紙と伝(小国芸術村会館、新潟) 2014

田中 彰/TANAKA Sho
1988年岐阜県土岐市出身。ある時は直径130cm、長さ4mのヒマラヤスギの大木を刳りぬいて、内側を版木にしたり、またある時は海辺の流木に虫眼鏡で太陽光を集めて焼き焦がして紙に摺りました。最近は世界中を移動するコーヒー豆と流木の流れに注目し、木版画で作ったオリジナルの袋に、自分で焙煎したコーヒー豆を詰めたコーヒーパペットを作っています。木版画の持つ技法を超えて木の持つエネルギーや性質を引き出すことで現代の人との関わりを探っています。
主な個展に「木に人を接ぐ」(東京オペラシティ アートギャラリー 4Fコリドール、東京、2017)、樹について(三菱一号館美術館歴史資料室、東京、2016)
 
田中彰ホームページ