ナンヤローネについて

 

 「これってなんやろーね?」美術館にきて、作品を観て、ふと浮かぶ言葉。岐阜でよく耳にする言いかたです。けれど、知っていて当たり前とか、知らないのは気まずいとか……そんな思いが邪魔をして、なかなか口に出せない。
 だけど、大切な言葉「ナンヤローネ」。
 美術作品の理解も、まずは素直に疑問を持つことから始まります。「これってなんやろーね?」と楽に口に出せることが、コミュニケーションが始まったり、それぞれが美術を楽しんだりする出発点です。
 もっともっとたくさんの人に美術の楽しさを知ってもらいたい。岐阜県美術館ではそんな思いを大切に「ナンヤローネ プロジェクト」をみんなで創造しています。「ナンヤローネ プロジェクト」は展覧会、ワークショップ、鑑賞等さまざまに展開していきます。